ギターのチューニング 調律
 僕が初めてチューニングしたのは、いとこのお兄ちゃんから借りたベースでした。
音叉を何度も鳴らしてペグを回して音を高くしていっても、いっこうに音叉の音と同じにはなりません。僕はさらにペグを回して音を高くしました。 そして数秒後、太いベース弦は切れてしまいました。
「えっ」と思った瞬間、おこずかいがパァになってしまったことでがっくりきました。
 音叉A440Hzは、ギターの5弦ハーモニクスまたは2弦10フレットの実音と同じ音でベースでは出せません。
でも、ベース初心者用の本には音叉をならして、ベースの3弦の音に合わせましょう。と書いてありました。 オクターブ違いなのでしょうが、初めて弦楽器を手にする人間に、そんな常識が通用するわけがありません。
 僕はその後、何年も電子チューナーに頼るようになりました。
今は、音叉で音を合わせるのが好きで、実音で大雑把にチューニングした後にハーモニクスで合わせます。
ライブなどでは、曲の合間にチューニングを微調整することになると思います。チューニングする音を出しているとMCなどの邪魔になり 音をださずに電子チューニングメータを使用するのが一般的なようですが、自宅での練習では音叉で合わせるのが相対音感を良くするのにも良いと思います。 ギターを弾いていてチューニングが狂ってきたのを感じる事はギタリストには必須だと思います。特にコードを弾くとチューニングが狂っているのが分かるようになってきます。
 ネックに変な力がかからないように、1弦がわから6弦まで、まんべんなく弦を張っていって、ある程度音が高くなってきたら 音叉を鳴らして5弦の実音と合わせて実音で4弦3弦2弦1弦6弦7弦と合わせ、適当にコードを鳴らしたりして弦をなじませ、 もう一度音叉をならして5弦実音でまた合わせ4弦3弦2弦1弦6弦7弦と合わます。
 そしてその後、再び音叉をならして5弦5フレットのハーモニクスでぴたりと合わせハーモニクスを出していきながら、 4弦3弦6弦7弦と合わせ、5弦5フレットのハーモニクスと2弦10フレットの実音を合わせて、2弦と1弦の音を合わせます。
 文章で書くとややこしくなりますが、やっていることは単純です。
音叉を鳴らす前に、頭の中で音叉を鳴らす癖をつけると、音叉がなくてもある程度の精度でチューニング出来るようになります。
(頭の中で鳴っている音叉の音に合わせた後、実際に音叉を鳴らして合わせた弦の音を比較すると、頭の中の音叉と実際の音叉の音を比較できます。)
 最後にCとG、Fを鳴らしてチューニングが合っているか確認します。好きなコードを鳴らしてチューニングするギタリストもいるようです。 ギターは弾くとチューニングが狂ってくるので、一度チューニングしても音が合っているか注意が必要です。
チューニングをしたまま弦を張りっぱなしにしていると、ネックが反ってしまうので、 寝る前には必ずギターのチューニングを2音ほど下げてギターも寝かせてください。
(チューニングフォークより共鳴箱がついている音叉の方が両手が自由になり音も大きいので共鳴箱付音叉がおすすめです。)
(ハーモニクスが出ない場合は、ピッキング位置をブリッジよりでピッキングするとでます。)
ナースのダイエット方法 男性の生理学 いじめ対策 いじめ病 極、静脈注射への道 労働基準監督署へ出向
Takashi Hisada play the guitar. If I can get your impression by music, I am very happy. and I always present takasick-power to you.
Music Video
Since 2002 笑うカメのお話 Copyright© 久田タカシ all rights reserved.