ペットを飼う
 ペットショップに行くとかわいい動物(生き物)達が自分の飼い主が現れるのを今か今かとまっています。 何年も前からペットを飼いたくて少しずつペットが飼える環境の準備をしてペットを迎えいれたり、 たまたまペットショップで見かけた動物に夢中になって一目でペットを飼うことに決めたり、 里親になったりと、ペットを飼い始めるのにも色々な場合があると思います。
 ペットは私達に命の大切さ生と死を教えてくれたり、生き物を育てる難しさや躾の大切さを改めて考えさせてくれたり、私達を元気にさせてくれたりします。
そんなペットを一度飼うと決めたらペットの一生を最後まで見守ってあげてください。
 ペットを飼う気力がなくなってペットを捨ててしまう飼い主が少なくありません。
捨てられたペットは、自然の環境に適応できなければ、苦しみながら死んでいきます。
自然の環境に適応したペットは、人間に危害を与えたり生態系を崩します。
今まで日本の気候では生きていけなかった動物も、温暖化のため日本の自然環境に慣れてしまう確立が増していると思います。
 一日のペットの世話は、重労働ではないと思いますが、世話を毎日続けることは思ったより大変です。
ペットは生き物なので食べたら糞をだしますし、清潔を保たないと臭いもつよくなります。
もちろん、ペットもストレスを感じます。
飼い方を間違えると、ストレスが原因で免疫力が低下して病気になりやすくなったり、人間を信じられなくなって凶暴になったりと症状は様々です。
こうなると、かわいがっていたペットを、いつのまにか虐待してしまっているのです。
そうならない為にもペットを飼う前に、そのペットの本を読んだり、ペットショップの店員さんに納得いくまで質問して、 そのペットを飼うにあたって必要な条件を知り、条件を十分に満たすことができるのか自分で正しく判断する必要があります。
最初に環境を整えることができても、ペットは生き物なので体が大きくなってケージを大きくしなければならなくなったり、 ペットの力が自分よりも強くなったり、食べる量が増えたり、ペットが病気になったりケガをしたりして、動物病院に連れて行かなければならなくなるときもあります。
こうなると思わぬ出費にもなります。
 医療がなかり高度化しているので、どこまで自分のペットに治療を受けさせるかは、そのペットの飼い主が判断することになります。
治療費、ペットの年齢と寿命、そのペットが本当にその治療を必要としているのかなどを判断して、ペットの飼い主が決めなければなりません。
治療をして、もとの元気な状態に近づけばいいですが、治る見込みがないのにズルズルと中途半端な状態を生き物が維持していくことは、 考えようによっては生き地獄です。
ペットは生き物です。ペットの飼い主の勝手な自己満足にならないようにしなければなりません。
死はつらい事ですが、いつか死を受け入れなければならない日が来ます。
ナースのダイエット方法 男性の生理学 いじめ対策 いじめ病 極、静脈注射への道 労働基準監督署へ出向
Since 2002 笑うカメのお話 Copyright© 久田タカシ all rights reserved.