知っておきたい男性の生理学
 一般的な男性は少年時代(13歳~19歳)に一度は年上の女性に憧れる。
しかし、年齢(老化)を重ねるうちに、いつのまにか年下の女性に自然と目が向いてしまう。
男性は、なぜか若い健康的な女性に魅かれてしまう。
 私の勝手な意見だが、いい男性をモノにするには大まかに2つのパターンがあるとおもう。
一つは、自分の若さを武器に、すでに成功している男性の目を惹くことだ。
若いだけではもちろん良い男性をモノにするには十分とはいえないが若さは大きな武器だ。 そして、成功している男性に近づくには、それなりの頭がいる。
社会的に認められる資格や職をもっているほうが、成功している男性に会う機会がおのずと多くなる。
成功している男性に、よい女性を紹介してほしいと頼まれたら、やはり紹介する女性の社会的な地位は重要だ。
そして若いこと、、。
二つ目によい男性をモノにするには、芽が出る男性を見抜くことだ。
これは時代の流れで物の価値観が変化していくので大変むずかしい。
 したがって、女性がいい男性をモノにするには、なるべく早く社会的に認められる地位につくことが手っ取り早い。
もちろん資格や職だけで、よい女性とはいえないが、やはり話をしてみると勉強している女性のほうが話をしていて楽しい。
楽しいというのは、バカ話だけでなく、相談事をしたときに返ってくる言葉などもそれにあたる。
相談事をしたときに参考になる意見を言ってくれたほうが、男性側としてもグッとくるものがある。
もちろん勉強しなくたって頭のキレる女性はいるが、ある程度ものの知識がないと、どうにもならない話もある。
 もしもかりに、AさんBさんも魅力的な女性で、AさんBさんのどちらをX氏に私が紹介しようかと迷ったら 社会的に優位な女性をX氏に紹介する。
その女性ほうがX氏の力になれそうだからだ。
性格的に問題がある女性は、どんなに社会的に優位な地位の女性でもX氏には紹介しない。
こういった女性は、X氏が弱い立場になったときに、X氏を助けることをせずX氏を見捨てるからだ。
良いパートナーというのは、相手に不足している面をそっと補ったり、窮地を助けるものである。
 年をとっても綺麗な女性というのは知性的で冗談がわかって気が利くものである。
だから年をとっても、いい男がはなさないのである。
女性に魅力がなければ、お金のある男性はどうしても若い女性に目がいってしまうものである。
社会的に成功している男性は、多くの女性が狙っていて女性からの誘惑が多いのである。

  1. 若く健康的な女性のほうが健常な子供を産める。
  2. 高齢の出産は、流産、奇形児の確立が増える。
  3. 閉経により女性は子供を産む能力を失う。
  4. 男性の精子は年齢を重ねるに従い健常な精子の数が減る。(老化)
  5. 父親が高齢なほど子に突然変異の確立が高くなる。
    突然変異は遺伝子異常を子にもたらす。進化は極稀という研究結果がある。
  6. 女性の卵子は35歳を過ぎるころから卵子にしわがはいる。(老化)
  7. 健常な子供を産むためには健常な卵子と精子が必要である。
  8. 人間も動物。遺伝子に子孫を残そうとする遺伝子が組み込まれている。
  9. 男性は視覚により興奮する。
    ここぞというときは、コートの下は薄着にしておく。
  10. 甘えられたい男性か、甘えたい男性かは、なるべく早く知っておきたい。
    抱きしめたときか、抱きしめられたときに、あなたが強く引き寄せられれば、その男性は甘えられたい可能性がある。
  11. 人間の脳は、三年過ぎると恋愛感情がなくなると言われている。
    三年たつとまた別のパートナーを探して子孫を残そうとする。
  12. 人間的に魅力がなければ恋愛感情がなくなると興味がなくなる。
  13. 資格や職だけで人間を判断できないが、それなりの資格や職を得るには、それなりの努力が必要である。 人間、他人の努力を素直に認めるべきである。
  14. 人生の苦い経験が人間の深みの糧となる。
  15. 基本的に男性は、しっかりとした女性が近くにいなければ、ろくな生活をしない。
  16. 基本的に男性は、女性より精神的に弱く女性に依存しやすい。
  17. 好みは人それぞれだが、文化や経験から好みが確立されていくと思われる。
  18. 精神的な強さ(明るさ)も若さを感じる秘訣である。
  19. 明るい女性と、うるさい女性は別である。
  20. 男性は、優れた子孫を残すために生理学的に若い女性に魅かれる動物である。
  21. 男性は、女性らしいやさしさや思いやりに魅かれる人間である。
最後に

 自分が持ち合わせている気質、育てられ方の違いや経験、文化などから人間一人ひとり感覚や好みが違う。
同じ文化や同じ経験をしている人間同士のほうが、似たような感覚をもっていると思われる。
その国の美人の基準が違うのは、その国の文化の違いから影響されている。
 おそらく人の好みというものは、ある程度は自分と似ている面も生理学的に要求していると思われる。
もちろん自分に無い気質や能力を高く評価して異性をみる時の基準になる。
しかし、あまりにも自分が持ち合わせている文化や気質が相手と大きくズレていると一緒にいると苦痛を感じると思う。
 ある人には、気難しい人間にみえても、ある人には品のある人間にみえることもある。
この感覚の違いは、やはり育てられた環境によると思われる。
気難しいと感じている人間が、その人物と一緒にいると肩がこるし、品があると感じている人間が、その人物と 一緒にいると、自分の品が上がったようで気分がよくなる。
この感覚のズレや好みは、年齢でも変化してくる。
感覚や好みが変化する要因は、経験や生活環境の変化によるものだろう。
 心は精神、言い換えればソフトウェア。見た目の身体はハードウェア。
どちらも男性や女性の気を惹くには大事なものであることは、みなさんも経験上痛感されていると思うが、 人間の情報は80パーセントは視界の情報と言われている。こと男性に関しては女性よりも視覚による刺激に興奮しやすい。
女性は男性が視覚による刺激に弱いことを十分に理解していないといけない。
本能を考慮すると、どうしても視覚による情報は無視できない。
目当ての男性が、シックで知的な女性が好みの傾向なのか、かわいらしい柔らかい雰囲気の女性が好みの傾向であるのかは早いうちに さぐっておきたいところだと思う。 メガネや服の色合いアクセサリーなどで目当ての男性の好みの容姿に変身して、口調や身のこなしから女性らしさを感じさせればいいと思う。
見た目で相手の気を惹いて中身(ソフトウェア)心で異性をものにすることになる。
 競争率の高い異性をものにするには心(ソフトウェア)も大切だ。
心は容姿と違い、レベルアップするには5年、10年単位の時間が必要になってくると思う。 精神性のバージョンアップには日々の積み重ねが必要なことはみなさんも理解されていることだと思う。
ナースのダイエット方法 極、静脈注射への道 いじめ対策 いじめ病 労働基準監督署へ出向

Since 2002 笑うカメのお話 Copyright© 久田タカシ all rights reserved.