次世代OS(仮PiyopyX)

2005年9月11日更新開始

  1. インターネットゲームソフトをベースにする。
    実はこのシステムはドーム(ゲームソフト)が出来た時点で理論的には実現可能だと思われる。

  2. インターネットに接続している世界のパソコン同士で仮想空間を作る。

  3. パソコン(キャラクター)はキーボード操作ではなくゲームコントローラーで操作する。

  4. 現在のWindowsでのマイコンピュータを起動したとき、ファイルの位置は文字表示だが、次世代OSでは、パソコン内のファイルは文字で表示するのではなく、基本的にゲームの様に絵で表示する。 例えば、\yahoo\hisada\os.docは、 Yahoo という建物を表示しYahooという建物の中にユーザーが操作するキャラクターが入るとHisadaという部屋を表示しHisadaという部屋にユーザーが操作するキャラクターが中に入ったときos.docを表示する。 ユーザーがファイルの絵(os.doc)を手に取ったときos.docを表示する。

  5. キャラクタの新規作成、削除があった時は、画面上だけでなく、ファイルを作成、削除し画面の絵と同期をとる。

  6. 建物の建築、削除などがあった場合は、画面上だけでなくフォルダを作成し画面の絵と同期をとる。

  7. 個人が著作権を持つファイルは基本的に他人のパソコンからは見ることができない。

  8. 各個人のパソコン外のファイルにアクセス又は、ホームページにアクセスしようとした時に現在のインターネット接続処理を行う。

  9. ユーザーは次世代OSを通じて、自分のキャラクターを操作して他人と話をすることが出来る。(パソコン電話)

  10. ユーザーは自分の位置を画面左上表示の地球儀で仮想空間上の自分の位置を常に確認することが出来る。

  11. ユーザーは自分の国から出たとき、画面左上表示の地球儀で自分が国外に出たことを知ることが出来る。 もし、地球外生命体と誰でも交信できるなら、画面左上表示の地球儀は惑星、太陽系、銀河系の表示となる。

  12. プロトコルは世界標準、一部技術公開(必要最低限のみ)とする。

  13. 次世代OSとはいっても、現在のゲームソフトの様なものなので、Unix,Mac,Windowsなど現在普及しているOS上で動作するものとする。

Since 2002 笑うカメのお話 Copyright© 久田タカシ all rights reserved.

カメの写真日記に新曲を毎月アップロードしています。