カメの皮膚病

 水棲ガメは皮膚病になりやすいようです。まだ皮膚病が軽いうちなら薬局の薬で治ります。私のおすすめは"リンデロンVG"(5g1000円くらい)です。
 夕方、カメに餌を食べさせた後に体の水気をよく拭いて患部に薬をぬり、夜は水槽からカメを出してそのまま乾燥させた状態を半日くらい保ちます。脱水にならない様に朝にカメを水槽に戻します。これを5日くらい続けると、だいたい治るようです。5日以上続けても治らないようなら、すぐに獣医に診てらったほうがいいでしょう。
 カメに夜薬を塗って乾燥させておいて朝に水槽に戻すといいと思います。時間に余裕があれば、朝も餌と水を飲ませた後にカメに薬を塗って水槽から出して皮膚を乾燥させて下さい。薬をぬってもカメが水の中にはいると薬が取れてしまうので効果がありません。顔に傷がある場合は目に薬が入らないようにして下さい。 カメに水を飲ませる事を忘れないでください。脱水になって死んでしまいます。

 リンデロンVGは何にでもよく効きますが白癬菌などの水虫には使用できません。鼓膜への使用も禁です。
 飼育水や飼育ケージを清潔に保つことが皮膚病予防の絶対条件だと思います。
ナースのダイエット方法 男性の生理学 いじめ対策 いじめ病 極、静脈注射への道 労働基準監督署へ出向
Since 2002 笑うカメのお話 Copyright© 久田タカシ all rights reserved.