English
リクガメの飼育環境
Keeping environment of tortoise

リクガメのケージ

 95センチ*95センチのケージを購入してビニールシートをつけて、ライトとヒーターで保温しています。
ライトは紫外線を出してくれる爬虫類用の蛍光灯と保温用の電球100Wを二つと、夜ようのナイトライトをつけています。
昼用ライトの電源のオン・オフは、うっかり忘れてしまうし温度の調整も難しいので、タイマーとサーモスタット(設定温度を保ってくれる)を併用して機械まかせです。UV蛍光灯はタイマーのみで温度とは関係なく常時点灯で保温ライトは30度以下になると点灯するように設定しています。夜用のナイトライトとセラミックファンヒーターは27度以下になると点灯するようにサーモスタッドで設定しています。
 日陰のシェルターは青いボードを切ってつくりました。ケージセットのコツは温度勾配をつけるようにセットすることだそうです。

ハコガメの飼育環境
Keeping environment of BoxTurtle

ハコガメのケージ

 ホームセンターの衣装ケースを代用しています。保温電球とケースの下からパネルヒーターで保温して、紫外線蛍光灯で紫外線を照射しています。 食器用のすのこをひいて水を薄くはり、陸場は薄い皿を代用しています。 代用品ばかりですが、安上がりでハコガメが生活しやすい環境が整っています。
床材に水苔を使用しようとも思ったのですが、思ったよりハコガメが水を汚す事と、清潔の維持しやすさを考えて、すのこを使用する環境に落ち着いています。
(撮影の為、ケースの蓋を外している状態です。)

水棲ガメの飼育環境
Keeping environment of turtle

水棲ガメ

 120センチ水槽に発泡スチロールとボードを加工して陸場と浅場を設置しています。陸場と浅場が浮いた状態なので、ブロックを置くよりも水槽内の体積が広く取れています。
 陸場に上がりやすいように陸場にボードを斜めにつけて傾斜をつくり底のほうからも上がりやすくしています。
 飼育しているカメは、ほとんどがドロガメ科のカメで、本などでは、
「ドロガメ科のカメの水の深さは甲羅の高さの2倍程度でなければ溺れてしまいます。」
と書かれていますが、砂利や流木を使用して一番低いところから一番高いところへカメが渡っていけるようなら、溺れてしまうことはないようです。今まで、溺れたカメはいないので大丈夫だと思います。
しかし、いきなり水の深さが深くなっていたりしていたら溺れるとおもいます。
 真夏の大変気温が上がる時期を除いては、紫外線を発する爬虫類用の蛍光灯と保温ライトで陸場を照らしています。
 水温はヒーターで26度に設定しています。
 ろ過フィルターは上部式フィルター(コトブキのスーパータボ1200)と外部式ろ過フィルター(ニッソーのプライムパワー30)を併用しています。 購入時のろ過フィルターにはスポンジがやたらと入ってたのでスポンジのかわりにろ材を多くいれています。ろ材をたくさん入れたほうが生物バクテリアがよく繁殖して、ろ過能力が高まるそうなのでスポンジは薄いの一枚だけ入れてろ材をぎっしりいれました。
購入時のろ過フィルターになぜスポンジが沢山入っているかの理由は、ろ材を多くいれると、ろ過フィルターの値段が上がるからだそうです。
 砂利はろ過砂利を16kgいれています。ろ過砂利は、薄い黄土色でカメがした糞が目立つので、糞を網ですくいやすいし水の透明度も上がるし、ろ過能力もあるので大変気に入っています。
一般的には水槽内に砂利を入れたほうが、生物バクテリア(カメの糞や尿の毒素を分解してくれる)が、砂利を入れない場合よりも繁殖するので私は砂利を入れています。

ハラガケガメ
Keeping environment of Narrow-bridged musk turtle

ハラガケガメ

 ハラガケガメは他のドロガメに比べて凶暴で雑居飼育は無理なので60cm水槽で単独飼育をしています。 水棲傾向がとても強く成体になると陸には上がらないので陸場は作っていません。
保温電球
保温電球

 ケージ何の温度を上げる保温電球です。光らないので夜間用としても使用できます。
カメは変温動物なので保温してやらないと外気温までしか体温を上げることが出来ずに活動が低下します。 夜間は日中ほど温度を上げないでカメの体を休ませます。
ホームセンターなどでも売っていて1300円~1500円くらいです。

ヒーター
ヒーター

水温を上げるヒーターです。
写真のヒーターは交換用のものです。このヒーターにサーモスタッドをつなげて水槽のなかにいれます。
サーモスタッドとヒーターが一体型のものとサーモスタッドとヒーターが分かれているものがあります。
ヒーターは使用頻度により寿命が異なるようです。
サーモスタッドとヒーターが分かれているものは、少し高価ですがヒーターがダメになってもヒーターのみを 交換すればよいので結果安上がりです。
交換用ヒーターには作動しているときにヒーター本体にランプがつくものもあります。
このランプでヒーターが作動していることを確認できるので安心できます。
サーモスタッドにはセンサーがついていてセンサーも水槽のなかに入れておきます。
水換えのときには、必ずセンサーが水槽の中に入っていることを確認してから電源を入れてください。
センサーが水槽の外へ出た状態で電源をいれると、水槽内の水温がお湯になってカメが死んでしまう危険があります。

水替え
 水替えは毎日するにこしたことはありませんが、大きな水槽の場合、一度に水槽全部の水を替えるのは大変ですから、 毎日、水槽の水の10~20%の水を替える事を勧めます。1週間に一度全ての水を替えるより、 毎日2割ほどの水替えする方が、綺麗な水質を維持するためには効果的なようです。
 水替えする時は、水槽に入れる水の温度に注意して、水の温度を適温にして水槽の中に入れてください。 水が綺麗なように見えても、カメの排泄でアンモニアなどの数値が上がっている場合があるので、定期的な水替えは必要です。

ナースのダイエット方法 男性の生理学 いじめ対策 いじめ病 極、静脈注射への道 労働基準監督署へ出向
Since 2002 笑うカメのお話 Copyright© 久田タカシ all rights reserved.