English
水棲ガメのエサ
Feed of turtle

 水棲ガメは、肉食性か雑食性です。
 品種により食べるエサが、おおよそ決まっているようですが入荷前の環境がかなり影響するようで同種であっても食べたり食べなかったりするエサがあるようです。
 カメが食べるエサは品種でも違いますが、カメを購入する前に、今までどのようなエサを食べていたかが一番関係してくるようです。成体になるまで生きたエサを食べ続けてきたカメは、なかなか配合飼料は食べないようです。 配合飼料を食べるカメでも配合飼料のメーカーによって食べたり食べなかったりするようです。
 なるべく多種類のエサを与えて栄養のバランスよく育てると良いようです。調理してある食品、から揚げ、ソーセージ、ちくわなどは与えてはいけません。
 配合飼料の代表といえばカメプロスとレプトミンだと思います。カメプロスは沈下性と浮上性が販売されています。 沈下性のカメプロスは深い水深でニオイガメやドロガメを飼うときに適しています。
 浮上性のエサは、食べ残したエサを取り除くのが簡単です。逆に沈下性のエサは水槽に砂利を入れていると、食べ残したエサを取り除きにくい欠点があります。
しかし、深い水深でドロガメやニオイガメを飼育する場合に適しているので、浮上性と沈下性を使用してみて、飼育環境に合ったものを選ぶといいと思います。 カメプロスは、浮上性と沈下性の両方のタイプが市販されています。レプトミンは、今のところ浮上性タイプのみとなっています。 エサの粒の大きさは、大きいものと小さいものが市販されていて、子ガメには食べやすい小粒のエサを与えるようになっています。
カメプロス レプトミン

リクガメのエサ
Feed of tortoise

 リクガメの殆どが草食性です。小松菜、チンゲンサイ、ダイコンの葉ときどきカメの嗜好にあわせて他の野菜、おやつに果物などを与えます。 品種によっては週に一度くらいは動物性のエサも少量あたえるといいようですが、動物性のエサを与えすぎると甲羅が変形したり歪、健康にも良くありません。(動物性のエサ ドッグフード、九官鳥のエサなど)
 リクガメフードだけでもいいようですが、新鮮な野菜を中心に与えたほうがいいと思います。リクガメフード、ドッグフードは、水でふやかして与えます。リクガメフードはタンパク質を多く含んでおり成長が野菜より早くなる傾向がありますので、成長が遅い個体にはリクガメフードを与える頻度をおおくしたらいいかもしれません。
 リクガメがある程度成長して、あまり大きくさせたくない場合は、栄養価が少ないキャベツを他の野菜と一緒に与えるといいです。
Rep-Cap

ナースのダイエット方法 男性の生理学 いじめ対策 いじめ病 極、静脈注射への道 労働基準監督署へ出向
Since 2002 笑うカメのお話 Copyright© 久田タカシ all rights reserved.